パジャマの王子様

ド新規玉担のつぶやきです

就活ファイター

はじめまして、たんまりです。



現在、私は大学4年生で今年の三月から就職活動をしています。



そこで、就職活動を行う上で何が辛かったのか、どうやって乗り越えてきたのかお話したいと思います。






まず辛かったことランキング





【第3位】

ドゥルルルルルルル ドゥンッ

SPI 数学との闘い


私、the文系人間でして、とにかく数学的なものが苦手なのです。

小学校2年生の時にかけ算ができず居残りして教えてもらうがなかなか覚えられず先生の前で号泣するという失態を犯してから算数恐怖症になりました。


どこから躓いたのかわからないままそのまま進んでいき、いつも赤点ギリギリのところでなんとかテストを乗り切り、文系の大学へ進み数学のいない楽しい日々を過ごしていました。


これでもう、数学とはかかわらない人生を送れると思っていました。




しかし!!!!!それは大きな間違いだった!!!!!!


SPI?なにそれ?スーツ着た警備さんのこと?

レベルにSPIを舐めてました。はい。
もうボコボコにやられましたよ。
今まで数学から逃げていたツケが完全に回ってきました。

本気でヤバイと思ったのは2016年9月。
大学の講座に申込みSPI対策を始めました。
いざ始めると本当にちんぷんかんぷんすぎて周りについていけない。

さらにこの時期はSMAP兄さんの解散報道があり私はその話題にとてもナイーブになっていました。
しかしSPI対策の先生が「女子はジャニーズ好きだろ」的なノリで良かれと思ってかSMAPネタをガンガン問題の例に出して授業を進めるんですよ。
問題がわからないイライラとSMAP兄さんへの悲しみで毎回泣きそうになって授業受けてましたね。


結果そのSPI講座で私は何を学んだかっていうと合わない先生はとことん合わないってことでした。
教え方がなかなか……ウン。って感じだし何よりSMAP兄さんを罵倒したのが許せねぇ、、、


そんなわけで1ヶ月の講座は身にならず、1人で勉強を始めるわけですがちっとも上手くいかない。
バイト先の先輩や大学の友達に教えてもらいながら勉強しますが、やはり、私は数学が心から苦手でした。


SPIがあった企業にはとことん落ち、結局数学を克服することは出来ませんでしたが、学生生活の最後の最後で数学と真っ向勝負出来て良かったです。


完敗だったけどな!!!!!




あ、でも一つ収穫!割引の計算できるようになったよ!!!!!(本気でアホすぎるんです)
これでスーパー行っても安心だねッ✩





【第2位】

ドゥルルルルルルル ドゥンッ


体力・就活費用の問題


現在私は千葉に一人暮らしをしていて東京まで1時間かかるのですが、3,4月はほぼ毎日説明会と選考で東京に行っていたので本当に交通費がかかって、かかって苦しかったですね。その期間バイトもできず親からも仕送りは貰っていないので隙間時間に無理やりバイト入れて生活費や交通費を稼いでましたね。





お金がないので東京にいる親戚の家に何度も何度も泊まらせてもらっていたのですが、毎回千葉からスーツやカバン、着替え、靴、パソコンなどを持って通っていたのでもう重いし遠いし、親戚に申し訳ないしで毎日苦しかったです。



ですが、私の叔母と従姉妹は生粋のジャニヲタ(事務所担 嵐→セクゾ)で私にジャニーズを教えてくれた教祖様であり、親戚の家へ行けば常に少クラが流れており、あーでもないこーでもないとジャニーズ議論を繰り広げ毎日笑顔が絶えない、就活を唯一忘れられる空間でした。


そして叔母の作るご飯が抜群に美味い!!!!!
家庭の味に飢えていた独り身の私にはもう、毎食毎食涙が出るほどの絶品飯で、このご飯があったからこそ就活頑張れたんだと言っても過言ではないと思います。


親戚!!!本当にありがとう感謝してます!!!


以前は月一で風邪をひくくらい割と体が弱かったのですが、このご飯のおかげで就活期間、1度も風邪をひくことなく走り抜けることが出来ました。栄養って本当に大事だなって感じました。







【第1位】



ドゥルルルルルルル ドゥンッ




自分との戦い




いやぁーーーーー、これはもう。ほんっとうに辛かった!!!!!!


まず私は本当に心配症ですぐにどうしよう、どうしよう。やらなきゃ、どうしよう。と不安になってしまう性格なのです。


自分で自分を追い込んで自滅するタイプです。
どうにかなるでしょ!って考え方ができません。



3年になってから就活を意識するようになり、自分は誰よりも不安を感じてしまう。だから人よりも早く就活を始めて自分に自信をつけよう!!と思い2017年の9月に大学の就職対策講座に申込みました。



毎週土曜日に集まって多い時には1日4コマ使って講座を受けました。9月から2月までの5ヶ月間。



自己分析から志望動機の書き方、入退室、面接の仕方など1から丁寧に先生は教えてくださいました。回がすすむにつれ、集団面接やGDの練習が始まり、どんどん辛い内容になっていき最終的には30人いた生徒は5人ほどまで減っていました。



この講座はすごくストレスがかかるし(面接練習なので)体力的にもすごくきつかったのですが、この辛い講座を乗り越えたことで他学部の人と友達になれ、良き戦友ができました。また、乗り越えたんだ!と自分に自信がついた気がしました。



そして三月。情報解禁。


最も辛かったのが3月1.2週目です。
まず何をしたらいいか、何から手をつけたらいいかわからない。こんなに大量の企業から自分に合う企業を選んでいく作業が大変でした。


合同説明会など、様々なイベントに参加しますが、夜、家で一人になると



「これで合ってるのかな?ほかの人はどうかな?私は就職できるのかな……?」



と不安で不安で仕方なくなり毎日泣いていました。(今思うと何泣いてんだって感じですけど当時は物凄く追い込まれてました)



そんな時に支えてくれたのがバイトの仲間や、地元の友達、親、就活仲間でした。



泣きながら電話をし話を聞いてもらいました。



たくさんの励ましの言葉をもらいました。



お前ならできる、大丈夫。
自信もって。って。




辛い時に助けてくれる仲間がいるってものすごく幸せなことだなぁって改めて感じましたね。



そんなこんなで多くの人に支えられながらあっちこっちに移動し目まぐるしい日々を送り、選考を受け、なんとか4月半ばに1社内定をもらうことが出来ました。



まだ第1志望の会社が残っているので、それに向けて今対策中です。





まだ私の就活は終わってはいませんが、就活を行う上でたくさんのことを学びました。



自分の将来を決める大事な、大事な就職活動。



自分で考え、自分で決め、自分で行動しなければなりません。



自分は本当に何がしたいのか。
自分はどんな人間なのか。


こんなに自分を知ろうとする機会は一生ないと思います。



自分自身を知ることが出来ましたし、何より就活をすることで周りの人の有り難みを感じることが出来ました。




就活は辛く、苦しいことも沢山ありますが、その一方でたくさんの人との出会いもあります。




就活は今まで知らなかった自分を知るいい機会だったんじゃないかなって今なら思えます。(期間中は早く終われ。もう解放してくれ。としか考えていませんでした。落ち着いたからこそ言えることですね。笑)







そこで!!



私がいつも選考に行く前、お祈りメールが来た時(笑)、千葉から東京への移動中、常に聴いていた曲があります。






全力ファイター / Kis-My-Ft2




これはINTERの通常版に収録されている曲ですね。



私はほんっっっっっとうにこの曲に助けられました。





なんと言っても、このどストレートな歌詞。






「自信なんてどこにもなくて
自由なんて見いだせなくて


なんかちょっと無理した笑顔
人前で泣けないもんな



頑張れなんて言う気は無い
もう頑張ってることは知ってる



立ち止まって たまに休んで いいんだよ」






っくうううううう 藤北ァァァァァァァ泣




辛い時期を乗り越えて引っ張ってきた2人だからこそ重みがある言葉達ばかりだよ


2番玉パート
大好きな優しい声





「so only ちゃんと見てるglory

いつだってその汗を 涙を 足跡を」




今聞いても、もう泣けます。











辛いことがあってなかなか前を向けない時、凹んだ時、彼らのどストレートな応援歌を聴いて少しでも多くの人が元気になってくれたら嬉しいです。







私も「全力ファイター」に助けられました。
キスマイいつも、本当にありがとう!!!!!












失敗にビビんな!
困難から逃げるな、楽な成功なんてない!
大丈夫、ひとりじゃない!
他人の価値観は気にするな!正々堂々と戦えよファイター!